prada 長財布旗艦店 長財布 使い方_prada 長財布オファー|prada 長財布の効果は良いですか Zwickau


2015-02-07 22:13    prada 長財布
 長吾より先に美図枝がいい、 「お父さん、死ぬまで町長をして! わたし、町長の娘でいたいの。権力を持ってる父親ほどすばらしいものはないわ。ね、お母さん」 「そうねえ。とにかく景子、あんたご飯はまだなんでしょ。ローストチキンがあるわ。まずご飯を食べることね」  だが景子は、父の肩をゆすっていった。 「お父さん! どうして町長になるために、デマをつくりあげなければならないの。人を傷つけることを、お父さんはなんとも思わないの」  必死な景子の言葉に、さすがの長吾も扱いかねて、 「わかった、わかった、しかしなあ、今度の記事は、お父さんは知らないんだよ。お父さんもなあ、昨日読んで、はじめて知ったことなんだよ。しかし、なんだなあ、あれはデマじゃないだろう。証拠の写真があるじゃないか、証拠の写真がな」  と、景子の肩をおさえて、傍らの椅子《いす》にすわらせようとした。が、景子は突っ立ったまま、 「でもねお父さん、それがもしほんとうだったとしても、なにも候補者の家庭のことまで書かすことはないのじゃないの。政治は、当事者たちの真実の問題よ。政策に対する姿勢が問題なのよ。私的なことを書かすのは、正攻法では勝ち目がないからじゃないの。卑怯《ひきよう》だわ、そんなの。選挙民の目を、こんな次元の低いほうに惹《ひ》きつけて、そんなことで勝とうとするなんて……」  涙声で訴える景子を、美図枝は鼻の先で笑いながら見ていたが、 「あんた、それよりさ、彼氏を取られて、悔しくないの。わたしもあの二人が、手を組んで歩いているのを見たわよ。このあいだの夜」  なんのためらいもないいい方であった。      29  古びた蛍光灯の下で、大原達夫は声志内の村史を書き進めていた。スタンド式の石油ストーブが背にあたたかい。袖《そで》のすり切れた袷《あわせ》に羽織をひっかけ、大原は真剣なまなざしで、取材ノートを確かめては書き進める。この仕事は、大原が近頃最も気持ちの乗った仕事で、書き出して半月になる。そこには炭鉱に働く人々の悲惨な歴史があった。調べれば調べるほど、落盤とガス爆発が、いぶかしいほどにくり返されている。  炭鉱の町声志内の歴史は、また日本の歴史でもあった。戦争の影や、不況の影響を、そのままもろに炭鉱の町はかぶっていた。それが、大原の鋭いペンによって、再現され、掘り起こされていく。  大原は書きながら、ガス爆発で倒れた人々、落盤で押しつぶされた人々を、目の前で見たかのような息苦しさを感じてくる。そのうえ取材した遺族たちの言葉がだぶってきてやりきれなくなる。