gucci 長財布ラウンドファスナー購 プラダ 財布 正規価格,gucci 長財布ラウンドファスナーランキング,買ってgucci 長財布ラウンドファスナー何に注意して Zwickau


2015-02-05 23:26    gucci 長財布ラウンドファスナー
   火を吐く小銃 「坊主の久の使いだ。村井組の石川兄貴を捜している」  再びサングラスをかけた田島は、流しのギター弾きやチンピラに当ってみた。七人目の獅子《しし》舞いが、石川は「菊屋」の離れ座敷で飲んでいた、と教えてくれた。  繁華街をぬけて三味の音の漏れる色町に着くには歩いて十五分ばかりかかった。「菊屋」は待合風の小料理屋だった。細い通りの表では床机《しようぎ》に腰をおろした看板娘が並んで客を引いていた。 「あら、お兄さん、いい男ね。一杯だけでいいからつきあってよ」 「女から養ってもらってる身だぜ。タダでやれるのをゼニを出してやる気はねえよ」  田島はヤクザっぽい身のこなしで嘯《うそぶ》き、口笛を吹きながら露地を廻って裏手に出た。  塀《へい》は高く、裏木戸には内側から閂《かんぬき》がおりていたが、財布の定期入れになっているセルロイドを木戸と柱の隙間に差し入れて外した。  裏庭は中庭に続き、古風な燈籠《とうろう》に照らされた植込みの間に泉水が光っていた。鯉が跳ねて、たゆたう月は飛沫《ひまつ》に砕け散った。三つの座敷では宴会が酣《たけなわ》と見え、三味や黄色い嬌声《きようせい》が騒々しい笑声と混って田島の耳に伝わった。長い渡り廊下の先の六畳の離れから漏れる電燈が植込みに黄色っぽい光を投げている。  田島は拡げたジャンパーの左の胸元に手をつっこみ、ルーガーの銃把《じゆうは》に軽く指をかけ、身を低くして離れた座敷の縁側の前に立った。部屋の左右と後は鶯《うぐいす》色の壁になり、障子にはもつれた二つの影が写っていた。 「兄貴、兄貴、開けてくれ。坊主の久の使いで来た。急用だ」  田島は声を潜めて言った。部屋の中から女の立ち上る影が障子に写った。障子があくと、パーマをかけた芸者が右手で柱につかまり、左手で乱れた髪を直しているのが見えた。食いちらかされた皿や銚子《ちようし》の乱立した膳の後ろに赤く酔った角刈りの石川が、鏡台と京箪笥《きようだんす》を背にし、楊子《ようじ》で歯をせせっていたが、田島を見て楊子を吐き出し、丹前の内懐ろに右手を突っこんだ。 「誰だ、手めえは? 見た事のねえ野郎だ」  と怒鳴りつける。  田島は右手を腋《わき》の下につっこんだまま、左手でサングラスを外した。