実用的なシャネル長財布定価|シャネル長財布コピー|シャネル長財布定価市場価格|シャネル長財布定価どの金がいい Zwickau


2015-02-04 11:01    シャネル長財布定価
「そうかね」 「うん。で、そういう痣には昔から俺たちの間で、ちょいと粋な名前が付いてるのさ」 「なんていう名前」 「嘆《なげ》き鳥《どり》」 「嘆き鳥か。いい名前だね。痣なんかには勿体ないや」 「うちのすまいのほうに、それとそっくりの形の鳥の絵が飾ってあるんだよ。何代も前からうちにあるんだ。小さい頃、じいさんからよく言われたもんさ。お前は大きくなったら風呂屋になるんだ。風呂屋は嘆き鳥の形をよく憶えとかなきゃいけねえ、ってな」  おやじは昔を懐しむように目を細めた。 「だから、あんたがはじめてこの風呂へ来た時から、俺はずっと目をつけていたのさ。ああ、また嘆き鳥が来たな、ってね」 「どうして風呂屋さんは嘆き鳥を憶えてなきゃならないんだい」  浜田は自分の右肩をのぞきこむように首をひねって言う。 「言い伝えさ。今じゃ風呂屋仲間でも、その言い伝えを知ってる奴は僅かになっちゃったけど、つまりその、何だ。……ほんのおとぎばなし見てえなもんなんだよ。俺だってかいつまんだとこしか聞き憶えちゃいねえが」 「教えてよ。自分の痣のことだもの、知っとかなけりゃ」 「背中流してやろうか」  おやじは先に立って鏡の前へ行った。  小さなプラスチックの腰掛けをふたつ取って並べ、桶に湯を汲んでその上へ半分ずつかけ流してくれた。 「有難う」 「向こうを向きなよ」 「いいんだよ」