ショッピングセンターヒットヴィトン 長財布どっちがいい,ポシェットクレエピ|ヴィトン 長財布価格表,ヴィトン 長財布コーナーの規格品 Zwickau


2015-01-30 08:17    ヴィトン 長財布
 ……いえ、今はよしましょう。  来週には日本へ戻《もど》れるかと思いますので、そのときはっきりしたことを伝えます。  それまでに、イツキは少しなりとも修行《しゅぎょう》をすすめておいてくださいませ。どうせ才能のないあなたのことですから、ろくに魔法《まほう》の勉強も進んでないでしょう? ホナミひとりでは手に余るでしょうし、なんでしたら……帰国した後なら、少しぐらい私がつきあっでもかまいませんわ。ええ、まあもちろん、私なりの報酬《ほうしゅう》はいただきますけれどね。  では、よい魔法を。                  [#地付き]Adilisia=lenn=Mathers 《アディリシア・リン・メイザース》〉 [#ここで字下げ終わり] 「——アディリシアさんだなあ」  朝、事務所|玄関《げんかん》の郵便箱前。  眠《ねむ》そうに小さなあくびをした後、伊庭《いば》いつきは思わず苦笑《くしょう》した。  年よりも、少し幼く見える少年だった。柔《やわ》らかい黒髪《くろかみ》を短く切っており、大人しそうな顔の右目には、海賊《かいぞく》のような黒い眼帯をしている。だけど、この少年がすると、そんな眼帯もとこかユーモラスな雰囲気《ふんいき》に変わるのだった。 「よい魔法を、だもんね」  もう一度、手紙を見下ろす。  署名の末尾《まつび》に、鷲獅子《グリフォン》と魔法円を象《かたど》った印章が輝《かがや》いていた。朱肉《しゅにく》ではなく、封筒《ふうとう》と同じ、臓《ろう》で押された印章だ。便箋《びんせん》自体にも淡《あわ》い薔薇《ばら》の透《す》かしと、かすかな花の香《かお》りがついている。  なんとなく、その手紙の向こう側に、「読みたいなら勝手にお読みなさいな」とでも言うような——つんとすました|送り主《アディリシア》の姿が見えた気がして、いつきはそっと眼帯を撫《な》で、それから手紙をポケットへしまった。 (…………)  ひとつ、深呼吸。