プラダ長財布メンズラウンドファスナー公式サイトの旗艦店|クロエ財布l字ファスナー,「最新」|プラダ長財布メンズラウンドファスナーどの金がいい Zwickau


2015-01-29 03:56    プラダ長財布メンズラウンドファスナー
『わたしを呼びなさい』  と、「黒の彼方《かなた》」の声がする。しかし葉は従わなかった。「黒の彼方」を呼び出せば、自分の身を救うことはできるかもしれない。しかし、呼び出した後に彼女が気絶してしまえば、「黒の彼方」を制御することはできなくなる。 (……いや)  人間を殺してしまうかもしれなかった。誰《だれ》かに体を支えられた感触がある。しかしそれもつかの間で、彼女は完全に意識《いしき》を失ってしまった。  車道の信号が赤に変わる。車の流れが途切《とぎ》れかけていた。 「……まだ動いてない?」  と、裕生は茜に尋ねる。茜が言うには、葉たちは横断歩道を渡ったずっと先のほうで、一度止まったということだった。 「うん……あ、ちょっと待って。また動き出した。急いだ方がいいかも」  その瞬間、横断歩道の信号が青に変わる。道路の両側でせき止められていた人々がゆっくりと動き出した。裕生はその先頭を切るようにして飛び出した。 (雛咲《ひなさき》)  頭の中は遠ざかっていく葉のことでいっぱいだった。異変に気づくことができたのは、横断歩道を半ば渡ってからだった。背後から茜《あかね》の声が聞こえた気がした。  振り向くと茜はまだ歩道の上で、腰に手を当てたまま立っていた。その脇《わき》を横断歩道を渡る人々がすり抜けていく。 「なにやってるんだよ!」  さすがに裕生《ひろお》は大声を出した——葉《よう》が移動している、と言ったのは茜だったはずだ。さっきは彼女も道路に飛び出しそうだったのに。 「急がないと……」  裕生の声が途切《とぎ》れた。茜の顔が苦痛に歪《ゆが》んでいる。青いワンピースの腰のあたりに、丸い染みが広がりつつあった。 「えっ」