收藏

2015冬新作 プラダ スーパーコピーラウンドファスナー長財布 新作 1m0506編集

 信長は人々に聞こえるように、つとめて大声で、 「その後、お障《さわ》りもござらぬか」 「近頃は、どこかに旅をなさっておられたか」 「お国から、ご消息がござったか」  と、珍しくていねいなものの言いようである。  信長は、外にいる武士や僧侶たちにも、話の内容が聞こえるように、戸や窓をことごとく開け放たせていた。旧暦八月で、まだ残暑がきびしい。庭に詰めている武士や僧のひたいから汗がふき出ていた。  信長は小声で神父たちにいった。 「今日は問答をする。時々、荒々しく怒っても見せるが、これは本心からではない。キリシタン布教のためじゃ。いかなる態度にも驚かず、落ちついて、人々によく聞こえるように答えてほしい」  この日、こんな企てがあるとは知らなかった神父たちは、一旦は驚いたが、信長の言葉を諒承した。  信長は脇息によりかかり、くつろいだ様子を見せ、 「師たちも楽になれ」  と親し気にふるまい、 「どうだ、わしは遠からず仏教の寺院は一寺残らず取り上げて、キリシタンの教会に一変させてしまう所存だが」  オルガンチノは、これを冗談として辞退した。が、信長は断乎として、 「わしは思い立ったことは、やらねば気がすまぬのだ」  と宣言した。この言葉を聞いた僧の中には、即刻財産を処分して逃げたものもあったという。 「西欧にも大名はいるのか」 「天皇はいるのか」
表示ラベル: