「最新」_セリーヌ財布_長財布レディース公式ページのURL_長財布レディースいいか Zwickau


2015-01-29 04:50    長財布レディース
「だって、杉山が奪われたお金が六億以上もだってことは警察には分ってないのよ」 「しかし、死人が出た。やむをえなかったことだが、九つの死体を作ってしまった」  若林は首を垂れた。 「その鉄砲でなのね?」  知子は、ニトロ・ソルヴェントを銃腔に含ませ、銃口を下にして銃ロッカーに立てかけてあるウィンチェスター〇・三三八マグナムのライフルを指さした。 「もうソルヴェント・オイルが|効《き》いてきた頃だろう」  立ち上がった若林は、洗い矢の先に白布を巻きつけ、薬室側から銃腔に通してこすった。  抜きだしてみると、白布は真っ黒に汚れ、弾頭からこすりとられていた被甲のギルテッド・メタルの黄色い金属粉がこびりついていた。  五枚目の白布で、やっと汚れがつかなくなった。電灯に銃腔をすかして見た若林は、まだ薬室の先のライフル|起《き》|綫《せん》部にまだ|焼損《エロージョン》が起ってないことに安心した。銃腔に|防錆《ぼうしょう》油をスプレーする。  抜いてあった遊底をレシーヴァーに戻した。ボルトを第一段目まで倒して引き金を絞る。引き金は逆鉤から外れたが、ボルトを充分に倒してないから撃針はほとんど動かない。  それからゆっくりとボルトを一杯に倒す。撃針はゆっくりとのびて痛まない。その銃を若林は銃ロッカーに仕舞った。鍵をかける。  再び浴室で手を洗う。若林が浴室から出てくると、知子が、 「お金を置いてあるところに案内して」  と、囁いた。 「いいとも」  若林は百二十リッター入りの重い電気冷蔵庫を横にずらせた。その下に現われた床の隠し|蓋《ぶた》を持ち上げる。秘密のトンネルヘの入り口が暗い口を開いた。  まず自分が階段を降りて、トンネルの電灯をつける。 「おいで」