どのように加盟ヴィトン長財布新作|プラダ財布スーパーコピー 買ってヴィトン長財布新作のオフィシャルサイト_ヴィトン長財布新作実体の店 Zwickau


2015-01-29 04:13    ヴィトン長財布新作
 信号が青に変わった。  仲根俊太郎は大勢の人波とともに、横断歩道を渡りはじめた。  新宿の靖国通りであった。横断歩道の半ばまできた時、むこうからくる人波の中に、一つの顔をみつけ、おや、と足を停めた。ふり返って確かめると、背恰好もよく似ている。  若い男であった。堅気のサラリーマンではない。背が高く、怒り肩の、少し崩れた地回りふうの恰好と、サングラス。 (写真の男ではないか!)  仲根は直感したのだ。  サングラスをはずせば、夏希のホテルの部屋に押し入ったという三人組の、一人の顔のような気がした。  駅のほうにむかっていた仲根は、すぐに踵《きびす》を返し、顔を確かめるために男の後を追った。横断歩道の信号が黄色に変わり、大勢の人波があわただしく、掃きたてられてゆく。  男は区役所通りに入った。  仲根はふつうの通行人を装って、見つからないよう、その後を追った。男は通りを一ブロック歩き、風林会館の前まで来て、そのビルの一階にある喫茶店に入った。  仲根はためらわず、その喫茶店に入った。  仲根とその男を結ぶ線は、今のところ何もないので、たとえむこうから顔を見られても、どうということはない。それでも一応、用心して二つ隣の観葉植物の陰の席に、仲根は顔を隠すようにして坐った。  男はまだサングラスをはずしてはいない。その素顔を確かめると同時に、喫茶店でどういう人間と会うのかも、見届けよう、と仲根は思った。 「いらっしゃいませ」  ウエイトレスが水とおしぼりを運んできた。 「アイスコーヒー」  頼んで、おしぼりで顔を拭いた時、幸運だったな、と俊太郎は呟いた。  しかし、ただの偶然ではない。一千万人以上もの人間が密集するこの東京で、そう簡単にめざす人間と、横断歩道の途中でばったり行きあうなんて僥倖《ぎようこう》は、あるものではない。たった今、仲根はある手蔓から調べた場所に赴き、その不動産屋の戸が閉まっていて誰もいなかったので、諦めて駅のほうに引き返そうとしていたところであった。