安値売り出しルイヴィトンヴェルニ汚れ ルイヴィトンヴェルニ長財布定価 買ってルイヴィトンヴェルニ汚れどのサイト_実用的なルイヴィトンヴェルニ汚れ Zwickau


2015-01-26 15:27    ルイヴィトンヴェルニ汚れ
 優子は、それ以上のコメントはしなかったし、一希も求めはしなかった。  ただ、四人でいる間ずっと、悠子の口元に浮《う》かんでいた原因不明の表情が、自嘲《じちよう》を意味していないことを願っていた。 「ねえ、最近、家に来ないね」  優子が甘《あま》えた目で一希を見上げた。優子が自分の話をし始めた。これで悠子の話は完全に終わりだ。彼女はそのサインを送っている。一希も、異存はなかった。悠子の話は、優子とするものではない。  優子とのそれは普通《ふつう》の恋愛《れんあい》だ。そして、悠子に対するものは、もっと心の底の純な部分から湧《わ》き上がって来る。だから、一緒《いつしよ》に街《まち》を歩けなくても、将来を、誓《ちか》わなくても、強く結びついていられるのだ。  悠子はいつも、長い髪《かみ》で裸《はだか》の胸を隠《かく》すようにして、暗闇《くらやみ》の中で身を起こす。それがどれだけ挑発《ちようはつ》的か、彼女には絶対わかっていないと思う。彼女をもう一度胸に引き寄せながら、彼は言った。 「先生がさあ、来たんだよ」  彼が先生と言えば、それが優子の父親を指すことは、彼女ももう呑《の》み込んでいる。 「あっちの家族は焦《あせ》り出したみたいだ。よく考えたら、焦んなきゃいけないのは俺《おれ》かもな。もう三十近い」 「先生の幸せを、私が邪魔《じやま》してるんでしょうか」  そして彼女が先生と呼ぶとき、それは一希を指している。彼は、彼女を巡《めぐ》る腕《うで》を、ぎゅっと引き締《し》めた。 「おまえがいるから幸せなんだよ」  彼女は、彼の言葉を信じた。彼の側にいると、彼女は理屈抜《りくつぬ》きに安心できる。彼の胸は、彼女の持つ、この世で一番の、そして唯一《ゆいいつ》の楽園だった。楽園などという響《ひび》きは軽過ぎる。彼女はその場所を「聖域」と呼びたいとさえ思う。しかし彼女は、自分一人の心の中でも、その呼び方は許さなかった。彼は、いずれ離《はな》れて行く。楽園なら失っても生きては行ける。聖域を失ったら死ぬしかない。  二人は明日を考えない。これから先、どうなるのか。先のことを考えると、彼と彼女は一緒《いつしよ》に暮《く》らせはしないのだから、早くお互《たが》いに見切りをつけ、彼女は新しい関係を開発したほうがいいに決まっている。第三者から見た二人の関係は、何一つ生産できない不毛のそれだ。  生産などできなくていい。未来などなくていい。今に純粋《じゆんすい》な想《おも》いを託《たく》し籠《こ》めていられたら。何の生産、即《すなわ》ち見返りも求めず、今だけに縋《》っているからこそ、純粋さを保っていられるのだ。身体《からだ》の接触《せつしよく》が不純だと言うのは誰《だれ》だろう。想いを煮《に》つめた末の行為《こうい》は、いっそ単純な呼吸に似て行く。それがあるから、生きて行ける。 「俺、男の兄弟しかいないからわからないけど、やっぱり女の子がいると、父親は花嫁《はなよめ》姿を切望するもんなのかな。まして、優子は一人娘だし。悠子の家はどうだい」 「わかりません。うちの場合、お継母《かあ》様が待ってるみたいですよ。血がつながっていないだけ余計に……母親の役を演じる場所が欲しいのかもしれません。私は長女ですけど……ずっと東京にいるから、名古屋の家は久美子に養子をとってもらいたいって言ってるんですよね。もちろん久美子は、早くお継母様と離《はな》れたいから、そんなの嫌《いや》だって言ってますけど。私も、久美子にはそうして欲しいんですけどね」