louis vuittonルイヴィトン草間彌生yayoi kusamaモノグラムジッピーウォレットラウンドファスナー長財布水玉ドット白ブロンm60447
null
null 血相を変えて守衛を先頭に四、五人が一団となって、裏口から駆戻って来たが、屋内の光景を一目見て声を|呑《の》み、一斉に立ちすくんだ。邦彦は素早く撃鉄を起すと守衛の|鳩《みぞ》|尾《おち》を狙って射った。  守衛は両手を胃の上に当てて後ろに続く男にもたれかかったが、守衛の腹を引裂いて貫通した弾がその男にも命中したとみえ、|大《おお》|袈《げ》|裟《さ》な悲鳴をあげると勢いよく|尻《しり》|餅《もち》をつき、両手で血のしみ出る下腹をおおい、白眼をむいて気絶した。支える物のなくなった守衛もコンクリートの床に後頭部をブチ当てて動かなくなった。その下は見る見る|血《ち》|溜《だま》りと化していく。  残りの男達は腰を抜かしてその場にすわりこむと、耳をふさいで床に伏した。一人の男は四つんばいになって逃げかけたが、尻に一発射込まれて平たくなり、犬ころの様な泣き声をたてた。  外からクラクションの音が響いた。  邦彦は銃を構えたままあとずさりし、蹴開けた扉をしめて鍵をかけ、外でエンジンをかけて待っているプリンスに駆けこんだ。  車は炎の反射で|橙色《だいだいいろ》に染まっている。  真田が座席の左に寄ると、邦彦がハンドルを握り、火災の恐怖状態にある酷熱のキャンパスから抜け出た。スーツ・ケースはすでに、車の隠し穴の中にしまわれている。  運転しながら邦彦が、銃、残りの弾、ハンカチに包んだ空薬莢、覆面と次々に手渡すと、真田がダッシュ・ボードの出張りの下に仕込んだ隠し戸を開き、次々とその中に納めた。すでにモーゼルもその中に隠してあった。  超短波ラジオをつけっ放した車は、逆をついて池袋の繁華街にむかった。  続々と消防車とすれちがった。  下駄やサンダルを突っかけた野次馬が興奮した面持で駆けて来た。振りむいて見ると、大学校舎は巨大な熔鉱炉と化してすさまじく燃えていた。赤紫色の巨大な火が炎々と天を焦がし、黒い濃煙におおわれた暗い空にはオレンジ色の照り返しが躍っていた。  建物の一部が焼け崩れたと見え、黒や赤の燃えがらや灰がもうもうと舞上がった。  突然邦彦の内部を、白い炎を|閃《ひらめ》かせて敗戦の日の光景がかすめさった。夜空に舞い狂う火の粉は、絶え間なく轟発する無煙火薬の|臭《にお》い、炎になめつくされる街の身をふるわす臭い、焦げた人肉の臭いを鋭く|甦《よみがえ》らせて消えていった。  立教大学の裏手に、夜は人気のない草むらの広場があり、その中に空井戸があった。彼等は大通りから外れると、そこに車を|停《と》めた。邦彦はコートとソフトをぬぐと真田に渡し、ドライバーとスパナーで素早く後ろのナンバー・プレートを外すと、車のトランクの床に作った隠しにしまい、車頭についているナンバー・プレートと同じ奴をひっぱり出して付け変えた。  真田は、邦彦のコートとソフトを井戸に投込むと、自分の浪人帽、眼鏡、スプリングも投げこんだ。  それらの品々は、全部いたる所で他の品物にまぎれて買った大量生産の安物であり、メーカーの印や商標は切りとってあった。  スプリングを脱ぐと、胸から上だけの変てこな学生服が現われた。  彼はそれを脱ぎすてると、使う人もない空井戸の|蓋《ふた》をしめ車に戻った。