草間彌生ビトン
null
null などに興味はなかった。ただ、酒をつがせるだけで、手もにぎらない。 「めしはあとだ」  といった。 「酒を一本」  ただし酒好きではないから、杯をなめるだけで、飲むというほどにはいたらない。 「それに、|妓《おんな》」  とつけ加えた。亭主の理兵衛が驚き、 「どういう風の吹きまわしでございます」  といったが、歳三は取りあわず、 「お咲という|飯盛女《おじやれ》がいたな」 「へい」 「呼んでもらおう」  亭主は駈けおりて、そのまま裏木戸へ走り出た。すぐ|田圃《たんぼ》になっている。  草むらに女が二、三人、尻をもたげて騒いでいた。夜になるとこういう女でも|垢《あか》じみた絹の小袖はきるが、真昼間は寝ているか、それとも|紺々《こんこん》した野良着にきかえて、田のふちの水溜りを|掻《か》きさがして|どじょう《ヽヽヽヽ》を|獲《と》るのである。  むろん、女たちは鍋にして食うのだ。これさえ食っていれば、夜勤めにも体が堪えるし、無病で年季の明けるまで勤まるという。そのせいで、この甲州街道の宿場々々の女郎はどの女も|どじょう《ヽヽヽヽ》臭かった。 「お咲、手を洗え」  亭主は、牛を叱るような声でいった。女は、尻のむこうで顔をこちらにむけ、 「おきゃく?」