ルイヴィトンモノグラムマルチカラー長財布役立つか,ルイヴィトン正規品モノグラムショルダー|何かルイヴィトンモノグラムマルチカラー長財布いい_ルイヴィトンモノグラムマルチカラー長財布価格/写真/評価/どう/いくら Zwickau


2015-01-24 00:09    ルイヴィトンモノグラムマルチカラー長財布
 たまに車が通るくらいで、他の音は何も無い。誰も彼も、この街で起きている戦争のことなど気にも留めず、今日を過ごすのだ。  遠坂凛もまた、魔術師という素性を隠して、日常の中に埋没していく。志貴の腕に令呪があったことが気がかりだったが、それを考える頭はとっくに蕩けている。 「おはよう遠坂。って、もしかして眠ってないのか」  そんな声が聞こえて、凛は重い体を引き起こす。士郎はまだ青い顔をしていた。一度峠は越えたと思ったのだが、そこからのぶり返し方が尋常ではなく、結局明け方まで士郎が深い眠りにつくことはなかった。 「うーうー呻くようなのと目玉潰そうとするようなのを放って眠れるわけないでしょ」  軽口を叩きつつ炒飯を盛り付けた皿を差し出す。 「ありがとう。ほんとに迷惑掛けた」  頭を下げた士郎が、突き出された炒飯を見た。 「これ、遠坂が?」  目をまん丸にしてテーブルの横に着き、炒飯をじっと見つめている。驚きの声にムッとしないでもなかったが、それを顔に出すほどの元気はない。 「他に誰がいるってのよ。材料勝手に使ったけど、それくらい許してよね。それと、食べたら布団に直行すること」 「ありがたく頂く。けど、俺が眠る前に遠坂も眠ってくれ」 「言われなくてもそのつもりよ」  徹夜明けで痛む目元を揉み解しつつ、片手で炒飯を食べる。我ながら行儀が悪いとも思ったが、今更士郎の前で取り繕う自分もなかった。  三口で食べ終えて、再びテーブルに突っ伏す。ふと廊下に向けた目が影を捉える。人の影だ。 「志貴、か?」  士郎も気付いたらしく、首を巡らせている。  両目を包帯で覆い隠し、苦々しく表情を歪めた志貴が戸口に現れる。右手を壁に当てて、それでようやく体を支えているらしい。見れば全身が痙攣している。その背が靄っていた。薄く、けれど強く顕れた感情が強烈な殺意になって、毒々しい虚像さえ描いている。

最新情報

ランキング