買ってルイヴィトンモノグラムデニム長財布贈り物,ヴィトン モノグラム 偽物 見分け方|ルイヴィトンモノグラムデニム長財布新型ピクチャー及び組み合わせ_激安ルイヴィトンモノグラムデニム長財布 Zwickau


2015-01-24 01:43    ルイヴィトンモノグラムデニム長財布
「ゆっくり話をするつもりはねえし、なにを入れられるかわからん、お茶を飲む気もねえ。」  次兄《じけい》が、あわてて、ノシルの腕をつかんだ。 「そりゃ、いいすぎだぞ、兄貴。――まだ、事情もわからんうちに、そんなけんか腰になったら、だめだ。」  ノシルは、弟の腕をふりはらった。 「ばかやろう! うちのやつは、化け物が家からとびだすのをみたんだぞ! それも、タンダの姿をした、化け物だったと! 隣村にも、カヤとおなじように、ねむりつづけている娘がいるっていうし、いったい、なにがおこってるのか、はっきりさせねえで、どうする! え、トロガイさんよ。あんた、えらい呪術師のはずなのに、なんで、おれの娘をたすけてくれなかったんだ? あっちこっちの村で、噂になってるんだぞ。これは、たちのわるい呪術師が、人の魂を狩りあつめてるんじゃなかろうかってな。」  トロガイは、一歩ノシルにちかづき、おだやかな口調でいった。 「あんた、ほんとうに、わしが、そんなことをしてると思ってるのかね? わしと、あんたの家族のつきあいは、そうふかいもんじゃないが、それでも、この二十年のあいだ、わしは、タンダをそだててきたんだよ。タンダとわしは、長い年月、あんたたち村人の病をなおしてきた。そのたびに、あんたたちは礼をいってくれたが、その気持ちは、そんな不確かな人の噂で、吹きとぶようなものだったのかい。」  ノシルの顔に、ゆっくりと血がのぼった。 「……だが、おれの娘には、あんた、なにもしてくれなかったじゃないか。ちょっと、みただけで……。」  トロガイは、ため息をついた。 「じゃあ、正直にいおう。ここには身内しかいないようだから、あんたたちの胸にしまっておいておくれ。カヤはね、ねむっているというより、魂がぬけてしまっているんだよ。」  男たちが、ざわめいた。 「タンダがいったとおり、だれかが呪って魂をぬいたんじゃない。タンダは、あんたを気づかっていわなかったが、あの子は魔物に魂をぬかれてしまったんだよ。わしが、なにもしなかったのは、へたに手をだすと、自分まで魔物にひかれてしまう危険があったからだ。」  ノシルの顔が、こわばった。 「じゃあ、タンダは……。」 「そう。あんたもよく知っているとおりタンダはやさしい男だ。わしの忠告を無視して、カヤをたすけようと、カヤの魂を追っていったんだよ。それで、魔物につかまってしまった。  あんたの女房がみたのは、タンダの身体をのっとって、こちらへでてきた魔物なのさ。」  男たちは、あまりのことに、こおりついたように、立ちつくしていた。