louis vuitton草間彌生バッグ生産メーカー_ルイヴィトン財布スーパーコピー_世界ブランドlouis vuitton草間彌生バッグ louis vuitton草間彌生バッグ製品合格か Zwickau


2015-01-24 01:12    louis vuitton草間彌生バッグ
「すごいわねえ。小夜子のご両親って、お金持ちなんだ」 「ううん。これはね、パパが買ってくれたの」  あきらかに肉親ではない言葉の響きに、遙がびっくりしていると、小夜子はくすりと笑った。 「そうやって、なんでもすぐに信じるあなたが好きよ。いくら、あたしでもそんなわけないじゃない」  小夜子は笑ってから、すぐに真顔になった。 「おかあさんはわたしが小さなころ出てったの。おとうさんと兄さんは何年か前に死んだわ」 「やっぱり……?」  はっきりとMU《ムウ》大戦といわなくても、それだけで意味が通じる。遙も小夜子もそういう世代だった。 「ううん、MU《ムウ》大戦のちょっと前。……研究者だった父が、少しばかり遺産を残してくれたのよ」  小夜子はさびしそうに微笑んだ。遙の胸を湿り気をおびた風が吹きぬけていった。 「そうなんだ。……うちは父親がMU《ムウ》大戦で死んだわ。母と妹がいるの」 「うらやましいわ」  彼女の瞳が哀しく光った。父親と兄が死んだというのはほんとうなのだろう。ただ、遺産があるのかどうかはわからない。もしかすると、「パパ」に買ってもらった、というほうが事実なのかもしれない。 「こんなしんみりした話するために呼んだんじゃないわ」  小夜子は明るくそういって、首をふった。 「もうちょっと飲もうよ」  それからチーズを肴においしいワインを飲み、ふたりは大学のことやアイドル・グループのことなど他愛のない話をした。 「ねえ、如月《きさらぎ》さん、どう思う?」