收藏

草間彌生ビトン編集

「タレタ、ワタシ、オコスノハ」 「ワタシ、クスクッタイ、イヤヨ」 「オマエ、イシナケタナ、ナセ」 「ワタシ、シナイ、シナイ」 「ケンカタ、ケンカタ、オキロ、オキロ」 杉の木たちは、ドシンドシンとものすごい音をたてて、おたがいに幹《みき》をぶつけあい、けんかをはじめました。だけど、その前に教えてくれ、ここはどこだ?二百万株で結構です」 朝倉は言い放った。ミスター・オカダ——あなたの替りに来てる人——から聞いたけど、カー・コンサルタントっていう仕事をはじめたんですって?夜おそくに着いたので、ホテルはどこもやってなくて——ハデな外見のホテルは空いてましたけど、さすがにそれはちょっと——しかたなく、オールナイトの映画館にはいりました。二十年前の彼の足は砂利を踏んでいた。それは龍馬も同じであると信じていた長次郎はすべてに裏切られたような気持ちになった。あとは明日だわ」 「ああ……」 俊一は、テーブルからもったりと立ち上り、先に上っていいよ、とシャワー・ルームに入っていった。
久保のあとを追って、私立探偵はビルに入った。人力の工夫かくのごときにいたるを見するのみといえり」 と、野々村|忠実《ただざね》が書いている。青い血がべっとり手につくような夢でした。 「そういうわけなんで、まあ、一度休んで気力を取り戻してから、頑張ってくれ」 ネルは逃げるようにして背を向けた。血まみれの顔はガックリ垂れ、左手は虚空をつかんで動かない。巨体が地に倒《たお》れたその女牆《じょしょう》の間から落ちる人の形を見た。それでお仕置きされるんです」 膝の上の手を、モジモジと擦《こす》り合わせながら話す。日清戦争後に日本の警察官を顧問に迎えたこともあるけれど、ロシアの勢力が伸びるにつれて、この顧問も解職されてしまった。 「ここは中国の土地であるが、実質はまったく英仏の属国である。 「モーツァルト?
いや、百歩も千歩も譲って、仮に念力放火能力というものが実在し、二十年前の滑り台の陰の女の子がその能力を持っているとしても、なぜ彼女が牧原の弟を焼き殺さねばならない? 「兄貴はいるかい? それとも、やはりただの無害な車引きに過ぎないのか。なんだよ ぞわりと背筋が粟立った。 若林は、すでに契約済みになった家に押しかける愚を避けるために、一応、どことどこが話がまとまったかを斎藤から聞いておいた。 「こんな美人が待ってると知ってれば、もっと早く来たさ」肩から腕にかけて強靱な筋肉がふくれ上がり、盛りあがるのが、ジャンパーを通して感じられる。 六朗が、整形した、残りの薬莢に雷管を|嵌《は》めた。 わったった!少しのあいだ落ちつきを取り戻したように見えても、長くは続かず、またトラブルを引き起こす。」 「違うの。
敵機のフレイ・ランチャーは空に飛び、ランチャーの発射管に内蔵されている火薬が爆発し、その爆発が呼び水になったのであろう。ここでは、そのていどのことしかできない。それから軍の人間だけど、アルフレッド・スターバック将軍。|黒豹《くろひょう》の素早さだった。 カットグラが数機、アイリンツーを包囲するようにしたとみえた。何より、おかみさんが胸の内を吐き出すことができてよかった。 入口は狭いが、ヘッド・ランプに照らされた洞窟の内部は広い。 「貴さまは百六十石もらって命が惜しくなったのだろう」 これをきいて高杉は、 「それなら、おれは貴さまよりも先に死んでみせてやる」 といって、またも脱走、死に場所を求めて京都にむかった。おれは東京の外へ出ようとしてるんだ。 」 「そしたら来るだろう」 「藪川は寝室にいるんだな?
が、わたしにはわかる。 横浜港北区に入ってから、水島は右に折れる山道に単車を突っこませた。たまたまあるところから、吉良家の家老にあてた手紙が手にはいったとき、毛利は下男の扮装《ふんそう》をして、この手紙を吉良家へとどけに行った。躁鬱症の見本的ケースだ。 「あの……百合絵……」 とにかく何か話さなければならない。 「兄さんおはようございます。若林は狙った野ブタの背中の上に狙いをつけ、撃鉄を親指で起して軽くした引き金を絞った。それが指揮者だ。 「貴公《きこう》の証言だと、貴公を呼んだフェラリオだな? 「うわーっ!
むしろ、断りを入れずにするりと帳場へ入ってしまおうかと思っていると、後ろから声をかけられた。 青江は見つめながら、したたり落ちるエルザのエキスを舐めた。 路地裏。 拘置所の中で写真を撮ることは規則で禁じられているんだ」 規則という言葉ほど拘置所の中で絶対的な力を持っているものはほかにない。声をはずませて、一団となって追ってくる。』 思った通り、電話からは娘の声が聞こえた。ところが、セールスの仕事から帰ってみると、あんたたちの置き手紙があった。 邦彦は白い歯をきらめかせた。 それなのに、山手線に乗らされる機会はまことに多い。」 若林は呟いた。
「心配しないで……大学からの電話なの。 「フンム……」 ブラバは、素焼きのコップのなかの白濁《はくだく》した酒を口に含《ふく》んでゴクリと呑《の》みこんだ。自分が自分じゃなくなっていく気分。ほとんどが、|北《きた》|埠《ふ》|頭《とう》設置のために働いている独身の米海兵の住むマンモス・アパートが並んでいる。」 電話から聞こえてきたのは、山野組新宿支部長の黒部の声であった。 けっきょく�先祖�という概念は、血でなくて信仰だということになる。 「オーケイ、キルラージ乗組員の諸君——」 そのとき、天井のスピーカーから、水島の声が流れた。新城は、左耳の下から右耳の下にかけて森山の|喉《のど》を深く|掻《か》き切った。最終戦争が反復的に来るということ自体、ほんとうは矛盾していますね。
表示ラベル: